10/17(日) 産後ドゥーラと管理栄養士による産後の生活をリアルに学ぶプレパパ・プレママ講座


〜産前産後の⺟親とくらしを⽀える専⾨家「産後ドゥーラ」と

ココロとカラダを温める「管理栄養⼠」が安⼼できる産後へと伴⾛します〜


「初めての子育てで、赤ちゃんとの接し方が不安」

「実家のサポートが受けられなくて心細い」

「料理が苦手だけど時短で栄養の取れるものを作りたい」

「パパにもできる実践料理の豆知識を知りたい」

「パパと主体的に子育てしたい」などなど、


初めての育児は些細なことにも悩んでしまったりするものです。“みんな違ってみんなイイ”我が家流を⼀緒に考えていきましょう!家事も育児も、⼼配ごとも、まるごと相談。⾚ちゃんとの暮らしをより楽しいものにするために、お世話や新しい家族の在り⽅などについて出産前の「今から」安⼼を増やしていきましょう。



【講座内容】

  • こんなに変わる!産前産後の心とからだ

  • 家族みんなで備える産後の暮らしの準備

  • 栄養たっぷり簡単ご飯レシピ

  • 対面イベントならでは!プロ直伝抱っこや沐浴のノウハウ

コロナ禍で対面で参加できる両親学級なども減り、産後の準備がますます大変になっている昨今。パートナーの方も分からないことが多く、一人で悩んでいるプレママさんも多いと思います。抱っこや沐浴のやり方は動画で知ることができても、それは実際の子育てのほんの一部。これまでたくさんのご家庭を支援してきた経験豊富な3人の講師が、「産後の暮らしに向けて本当に大切なこと」を2時間にぎゅっと凝縮してお伝えし、それぞれのご家庭に合った暮らしのスタイルを考えていくきっかけを提供します!


【講師紹介】

◎産後ドゥーラ・⻄公⼦(にしきみこ)

⼀⼈娘の⼦育てをしながら保育⼠として10年以上を過ごしました。度重なる引っ越しで、慣れない地に孤独になることも時々あり「ちょっと話を聞いてくれる⼈がいたらいいのに」と思ったり、保育園の勤務でも頑張り過ぎている⼈を⾒ると「ちょっと休ませてあげられる⼈がいたらい

いのに」・・・そんな思いが積み重なり、チャイルドマインダーでさらに保育を学び、産後ドゥーラに巡り合いました。⼈と話すこと、それだけで⼼が解放される喜びを感じることはありませんか?相⼿の悩みや問題を含めた、相⼿の存在を無条件で肯定する姿勢を⼼がけています。みなさんとプラットででお話しできるのを楽しみにしています。


◎管理栄養⼠・⻄島ゆか(にしじまゆか)

3⼈の男の⼦の⼦育て奮闘中!⼦育てには正解が無いからこそ悩みがちです。離乳⾷を⾷べたり⾷べなかったり。よく寝る⼦だったり、全く寝ない⼦だったり。初めての⼦だと特に全てが不安になります。そんな気持ちを吐き出せる場所があったら何て気持ちが楽になるのだろう。悩みが解決したらどれだけ笑顔が取り戻せるのだろう。同じように悩むお⺟さんの⼒になりたい…拠り所を作りたい…そんな思いで沢⼭学んで来ました。⼀緒に⼦育てを楽しんで⾏きませんか?


◎産後ドゥーラー・⼭⼝敦⼦(やまぐちあつこ)

次男を出産した時、⽀援者さんが⾃宅に来て、⾚ちゃんの沐浴とお料理を作ってくださいました。安⼼して、産後を過ごせました。転勤族の私にとって、今でも暖かな気持ちになれる、産後の思い出です。今、ご出産されたママ達が、産後の⽣活を思い出すとき、少しでも暖かな気持ちになれますよう、ママ達が笑顔で⾚ちゃんと過ごせるようにお⼿伝いします。


【対象者】

・妊娠中のプレママとプレパパ(第⼀⼦限定):単身でのご参加も歓迎!

・初孫のおばあちゃん、育児支援者(産後ドゥーラなど)の方にもご参加いただけます。


【日時】

2021年10⽉17⽇(⽇)

①10:00〜12:00

②13:00〜15:00

【定員】 各回ともに3組+支援者など3名まで 【参加費】 

3000円/人

5000円/ペア

5000円/支援者 ※当日会場にて現金でお支払いください


【持ち物】 筆記用具、各自のお飲み物 【申込方法】 以下QRコードよりLINEで友達追加後、「講座参加希望」とメッセージを送信ください。追って担当者より詳細をご連絡します。

【主催・問い合わせ先】 双子や三つ子のこそだてサポーター「ダブルスマイル」 産後ドゥーラ・保育士の西公子と、管理栄養士の西島佑佳がタッグを組み、双子・三つ子家庭などへ専門的な家事育児支援を提供。プラットにて毎月第2・4火曜日に「産前産後ママのためのカフェ」を開催中。 ▶会場・アクセス 千葉県市川市平田2−8−1 地域の学び舎「プラット」 京成線菅野駅より徒歩3分/​JR本八幡駅より徒歩15分 ◎会場に駐輪スペースがございます。 ◎菅野駅にはエレベーター・エスカレーターはありません。また、会場前の道路は交通量が多く道幅も狭いため、ベビーカーでお越しの際には十分にお気をつけください。